REMOTE LABO
青年海外協力隊メディア

スポンサーリンク

「千葉」が地質時代の名前になる?「チバニアン」から考える地磁気の変化

 「チバニアン」という言葉が先月、ニュースをにぎわせました。

チバニアンとは日本の研究グループが国際機関に申請した新しい「地質時代」の名称のことで、地球46億年の歴史の中で約77万年前から12万6000年前の約55万年間を指します。地質時代の名称といえば、恐竜好きの人なら知らないはずはない「ジュラ紀」や「白亜紀」などが有名でしょう。認定された場合は、日本の千葉県にちなんだ名称が、ジュラ紀などのように地球の歴史上のある期間を示す名称として全世界で使用されることとなります。

【出典】Yahoo NEWS

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする