REMOTE LABO
青年海外協力隊メディア

スポンサーリンク

杉山弘樹②必需品は電子ホイッスル!?

スポーツ隊員の必需品は「電子ホイッスル」

なるほど。それをクリアして、合格通知が届くんですね。ここから、派遣後の話になります。国・職種によって、必需品は違うと思いますが、ブルキナファソ野球隊員の必需品はなんですか。

まずはヘッドライトだね。先輩隊員から聞いたのかな。”ヘッドライト持ってくと停電の時でも両手を使えるからめちゃくちゃ便利だよ”って聞いて、持って行ったら、めちゃくちゃ便利だった。

僕、わかるんですけど、携帯のライトとかで代用できるんじゃないかなって思うんですが。

停電は1,2時間じゃなくて長いから、ヘッドライトあると停電の中でも料理作れるし、パソコンいじってもライトがあるだけで違うし。で、停電すると、(扇風機なども全て止まって)暑いから、寝れなくて、パソコンの充電もなくなると本当にやることがなくて、そんな時に本とか雑誌とかが読めるから便利だった。※任地の首都ワガドゥグは地方より停電が多く、長い。

じゃあ、停電の多い場所では、必需品ってことですね。逆に、不要だったものは?

パンク修理キット(笑)。駒ヶ根で、シニア隊員が主催のパンク修理講座を受けて、”アフリカはパンク修理屋がいないから自分で(道具を)持って行った方がいいよ”って言われて、持って行ったけど、そこらじゅうにパンク修理屋がいたね。(笑)

シニア隊員だったからですかね。国やちょっと時代が違うと全く情報が違ってるってことは、隊員ではよくありますよね。

あと、必需品で、スポーツ隊員限定になるかもしれないけど、電子ホイッスル。よくバスケの試合とかに使うやつ。

はい、僕もバスケの審判の時に使っていました。

あれがなんで便利かというと、日本でも言えることだけど、普通のホイッスルと違って、しゃべりながら、鳴らせるから指導しやすかった。あと、子供たちはあまり見たことないモノで、聞いたことのない音だから、注目されやすくて、あれは本当に便利だった。

なるほど。スポーツ隊員は電子ホイッスル必須ですね。

そう、特に隊員のはじめの時は、怒れなかったりするから、その代わりに鳴らしたりしてた。向こうでは手に入らないし、オススメです。

いざ、ブルキナファソへ

任国での話に移ります。ブルキナファソの印象は?

暑い、暑い。車の排気ガスをずっと浴びてる感じ(笑)。特に、一番暑い時期に、来たからまず暑いっていうのを覚えている。

なるほど。僕も暑すぎて、逆にちょっとテンション上がりましたけどね。”うわ、アフリカやん!”って(笑)。ブルキナでの最初の生活はどうでしたか。

はじめの1ヶ月は、午前中にフランス語の勉強をしてて。午後は一緒に赴任してきた(前任者の)安河内さんにくっついて活動に行っていた。

安河内さんは何で来てたんですか?

「(安河内さんは)短期隊員として、同じ飛行機でブルキナに来てて。

そうなんですね。前任者がいたので、早速活動していた。かなり特殊ですね。1日のスケジュールってどんな感じでしたか。

朝6時半に起きて、7時に家を出て、学校によるけど10-20分くらいで学校に着いて。学校の1時間目の体育の授業で野球を教えて。授業はだいたい45分くらいだから、片付けとかをすると、一旦家に帰ってくるのが9時くらい。家に帰ってきたら、メールチェックとかネットをして、その後にお昼を食べるかな。3時からは、クラブチームとか中学校のチームでの練習が始まって、終わるのが6時くらい。そのあとは、選手の家でyoutubeとかDVDで、高校野球とか、プロ野球とか、野球の映像を見ながら勉強したり。それが1時間くらい。

日中は暑いから、早朝か夕方しかできないですもんね。夜はグラウンドに明かりがないですし。

あと、話が戻るけど持ってきてよかったものは、小型のプロジェクター。みんなで映像を見るときとか、プレゼンするときとかに便利で、充電式だから持ち運びもできて便利だった。

なるほど、他の隊員からも貸して欲しいって言われてましたもんね。

そう、練習に関しては、やる練習も大事だけど、見る練習も大事だと思って。

”見る”練習?

そう、日本では部活とかでさ、上手い先輩のプレイを見たり、プロ野球みたりして勉強することができるけど、ブルキナではできないから、上手いプレイっていうイメージできなくて。そのうまい投げ方とか、うまい打ち方のイメージが選手の頭にない中で教えるってすごい大変だった。だから、”見る”ってことをすごい大事にしていた。

ちなみに、杉さんはブルキナの野球隊員としては三代目ですが、どのように活動先が決まったんですか。例えば、前任者が活動していた場所で活動しているのか、違う場所でも活動しているのか。

初代の人が、クラブチームを立ち上げて、俺はそこをメインに活動していた。二代目は中学校のチームを立ち上げて、そこでも活動していた。で、俺は小学校のチームを立ち上げて、朝活動しているっていうのは、その学校。

つまり、初代の作ったクラブチームをメインに、それ以降に新しくできたチームでも教えてたって感じですね。前任者との関係や引き継ぎがうまくいっていますもんね。

そうかもしれないね。

③日本流は通じない!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする