REMOTE LABO
青年海外協力隊メディア

スポンサーリンク

「国技だからこそ日本出身横綱が見たい」ではなく、「国技だからこそ世界にもっと広めたい」という発想転換を

二場所連続休場している稀勢の里の姿に心が痛む。

一度だけしか優勝してないにも関わらず、優勝した場所で千秋楽を迎える前に「横綱昇進に相当」と審判部がコメントを出すなど、異例尽くしの横綱昇進劇だった。

【出典】ハフィントンポスト

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする