REMOTE LABO
青年海外協力隊メディア

スポンサーリンク

「NPOの共感合戦」に異議あり、資金調達に効く広報とは

「資金調達するために共感・感動の創出合戦ばかりが注目され、現場で起きているリアルな情報が置き去りにされている」――。NGO職員としてスーダンに駐在している田才諒哉さんは、貧困や飢餓などネガティブな情報ばかりが目立つ、国際協力団体の広報に一石を投じる。田才さんは、クラウドファンディングサイト「Readyfor」上で、国際協力活動を支援する「VOYAGE PROGRAM」を立ち上げた人物。同プログラムでは、これまでに1.1億円(2017年8月現在)以上の寄付を集めた。第4期を始めるにあたり、「新しいお金の流れをつくりたい」と強調する。

【出典】Yahoo News

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする