REMOTE LABO
青年海外協力隊メディア

スポンサーリンク

爽菜農園④帰国後に有機農家に、そして専門家へ

帰国後についてお願いします。

(徹)協力隊に参加するのに自動車整備はきっぱりとやめたので、次を考えていたんですが。ナショナルパークでの仕事は(午後)4時くらいに終わってしまうので、その後にお茶を飲みながらバッファローの群れや象の群れを見ていた時に。「動物たちは草を食べて、糞をして、また草が生えてっていうことをしていて、人間もしたらいいんじゃないかな?」って思ったので、有機農業を始めようと思いました。なので、帰国後は二年間ほど、ここの近くの「*ドンカメ」っていう堆肥を作っている会社があるんですが、そこにお世話になって、その後独立して、自分で農業するようになって17年目になります。そしたら、ドンカメさんがJICAの草の根で東ティモールを支援するってことになって、今度は専門家としてまた海外に行くようになりました。

*有限会社ドンカメのHP
https://www.donkame.net/

(さ)老後はね、(国際協力関係の)専門家もいいねって言っていたんですけど、まさか今話をもらえて海外に行くとは思っていなかったですね。

(徹)ドンカメさんは勉強させてもらったところなので、そこのボス(社長)が「行くぞ!」って言ったら、行くしかないんでね(笑)

ボスが強いんですね(笑)

(さ)ドンカメさんが草の根を応募するにあたって、(ドンカメの)ボスは海外経験はないんですが、ドンカメは生ゴミ分別に関しては全国的にかなり有名なんで、さらにそこのメンバーに元協力隊がいればね、強うだろうなってことで。

(徹)なので、東ティモールでの草の根が始まって、去年から今年の12月くらいまでは、日本と東ティモールを行ったり来たりが続きます。私はそんなところですかね。

ありがとうございます。さちえさんの方は?

(さ)私の方は、帰国後は農業普及員とか公務員になって、時々専門家として海外にいけたらいいな、くらいに思っていたんですが。県庁でバイトをしている時のOB会で旦那と出会って。栃木県には結構有機農家の方がいらっしゃって、みんな面白い人ばかりで。それで農家になることを決めました。農家って、1年に1回のことが多くて、その年は失敗したり、うまくいかなかったりすることが多いんですけど、16年農家をやってしばらくはこんな生活が続くんだろうなと思っていたんですが、そしたらドンカメさんからお話をいただいたので。

専門家として海外に行く夢が叶ったんですね!

(さ)そうですね、いつかは行きたいと思っていたので。

東ティモールでは具体的にどんなことをされているんですか?

(さ)東ティモールの支援は養鶏と稲作とゴミ分別で、養鶏は今うちでもやっていますし、ゴミ分別はコスタリカでも、ドンカメでもやっていたので。東ティモールは平飼いって言って、平らなところで鶏を飼うんですが、うちも平飼いで、でも東ティモールは熱帯なのに、壁がコンクリートで暑くて死んじゃうんですね。なので、風通しをして、そうすると、病気もなくりますし。

爽菜農園での平飼い

風を通した方が病気にならないんですか?

(さ)風を通さないなら、密閉して冷暖房管理して、徹底的にやらないとダメですね。それができないなら、風を通した方がよくて、気持ちよく空気も地面もサラッとさせた方がいいですね。その方が菌は少なくなります。稲作もうちはわざと昭和のやり方で、苗も直接田んぼに植えているんですが、東ティモールでも同じやり方でやっているので、今やっていることがそのまま活かされていますね。

日本でされていることを東ティモールでもされているんですね。

(さ)そうですね、やっぱり縁があったのかなって感じはしますね。

今、爽菜農園で育てる野菜の種類はどれくらいですか。

(さ)うーん、一応60〜70種類って答えているんですけど、キャベツでも、普通のキャベツと赤キャベツとちりめんキャベツっていう風にあるんで、どう数えるかによるんですけど。品種別にすると、100以上ありますね。

あ、そっちで数えると100種類を超えちゃうんですね。

(さ)そうですね、品目でいうと110くらいになるんじゃないですかね。あらゆる野菜を育ててみたいと思っているので、種屋で買ったり、ネットで取り寄せたり。

いいですね!今後の展望を教えてください。

(さ)自分たちでやっている爽菜農園の他に、「タノハナ」っていう農業生産法人の株式会社をやっているんですね。宇都宮で「ひと粒台所タノハナ」ていう*マクロビのレストランをしている友人がいて、その彼女と私たちの農業技術を合わせて、無農薬野菜を作ってレストランで販売したり、新しい商品を開発したりやっていて。それがしっかり会社として成り立ったらいいなと思っていて。もう一つは東ティモールのプロジェクトの方も支援が今年度中に終わるので、この後も引き続き関われたらいいなとは思っていますね。

*マクロビ:マクロビオティック
穀物や野菜、海藻などを中心とする日本の伝統食をベースとした食事を摂ることにより、自然と調和をとりながら、健康な暮らしを実現する考え方

国内外でのご活躍を今後も追わせてください。本日はありがとうごいました。

(徹)(さ)ありがとうごいました。

爽菜農園⑤農園について

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする